さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2010年08月29日

絵唐津風のお皿



たたら(粘土の板)で成形したお皿に、ベンガラで絵付けをした、いわゆる絵唐津のお皿です。
Yさんが作りました。教室に入ってまだ1年ほど。最近、絵付けも始めました。
まだまだ、筆の運びがぎこちない感じがありますが、どんどん、上手になっていきますよ。

お皿の、成形は、たたらで作りましたが、非常に上手に出来ています。
写真ではわかりませんが、裏の高台の作り方と、口作りがしっかりしています。
本当に、しっかりした作品ですね。  


Posted by ch10822 at 08:43Comments(0)趣味/陶芸

2010年08月27日

粘土の再生



陶芸教室では、大量の粘土の削りかすが発生します。
他の教室では、製作費(粘土、素焼き、釉薬、本焼き等々)は、いわゆる「先払い」ですが、
私の教室では、どういう訳か、後払い方式になっています。
つまり、出来上がった作品の重さで、費用をいただきます。

ということは、削りかすを、いくら出してもかまいませんし、削り作業で穴を開けてしまっても、
乾燥、素焼きで割れてしまっても、本焼きで、うまく焼けなかった場合も、費用はいただきません。

まあ、損得で言えば、当然損なのですが、楽しく陶芸を・・・をモットーとしているので、
今更変更しても・・・と言うことで・・・

このため、この大量の削りかすを、毎年初夏の頃に再生しています。
脱水用の、フィルタープレスもありませんので、もっぱら、太陽の日差しに頼った
原始的な方法で、脱水しています。今年は、6月から7月にかけて天候不順でしたので
随分時間がかかりました。

詳細は省きますが、砂などが含まない、非常に細かい粒子の赤粘土に仕上げます。
今年は、285Kgの再生粘土が出来上がりました。
金額にした、3万5千円位?
かけた手間暇を考えれば、全く割に合いませんが、毎年行っています。

生徒の皆さん、もう少し削りかすを減らしてほしいですね。
今年のテーマにしようかな!!
  


Posted by ch10822 at 18:15Comments(0)趣味/陶芸

2010年08月26日

和紙染め



やきものの絵付けには、色々なやり方がありますが、
このお皿は、和紙を使った、絵付けです。

この和紙が、なかなか良いものが入手できず、
キッチンタオルとかで、行ったりしていましたが、
最近は、生徒さんが探してきた紙が、なかなか良いですね。

その紙は、私にはよくわからないのですが、パーマをかけるときに使う
5cm程の紙です。絵の具の染み込み具合も良く、問題なく使えます。

和紙染めは、和紙を素焼きの表面に貼り付け、薄く溶いた絵の具を染みこますことにより行います。
和紙は、何度でも使えますので、同じ模様の繰り返しが出来ます。

わざと、ちぎった和紙を使うと、ちょっと変わった表現も出来ます。  


Posted by ch10822 at 07:46Comments(0)趣味/陶芸

2010年08月23日

コロは・・・



犬の仕事は?
食べることと、寝ること!

おやつを目の前にしたコロは、
一心不乱に、おやつを見つめています。
目が生き生きとしていますね。

しかし、コロも10歳を超え、大分年をとってきましたね。  


Posted by ch10822 at 08:25Comments(0)趣味/陶芸

2010年08月22日

体験陶芸(ブライダル)



結婚式での、両親への贈り物。
今年も、随分多くの方たちが、作られています。
当教室では、湯吞み、ご飯茶碗、マグカップ、大皿の4種類のメニューを用意しています。
違う作品を作ることも、当然出来ますが、この4種類の作品については、収納する特製の箱が用意されています。
当教室での、作り方は、独自の作り方をしていますので、初心者の方でも、本当に簡単に、そして、きれいに作ることができます。

一般的には、成形時と、素焼き後の絵付けのために、二度来ていただかなければなりません。
皆さん、真剣に作られていますよ。
絵付けとか、文字入れされて贈られた作品、ご両親は、日常、使ってくれるのでしょうか!  


Posted by ch10822 at 17:42Comments(0)趣味/陶芸

2010年08月21日

ちょっと変わった大皿



焼き物では、普通焼き物用の絵の具で絵付けをします。
このお皿は、5~6種類の色釉薬を、筆で塗って模様を作り出しています。
実際には、色鉛筆でパターンを描きます。(色鉛筆には油脂分が含まれているため、
釉薬を弾きます。)
それぞれの模様の中に、釉薬を、盛るように乗せます。

絵の具とは違った、ちょっと変わった大皿になりました。  


Posted by ch10822 at 08:24Comments(0)趣味/陶芸

2010年08月20日

冷や奴はいかがですか!



暑い夏。冷や奴がおいしいですね!
このお皿、刺身皿としても使えます。
私が、サンプルとして作った作品ですが、見た目は良くても
作って、なおかつ使ってみないとわからない典型でした。

白い釉薬で、作りましたが、冷や奴をのせると、滑ること、滑ること。
ちょっと、箸で触るだけで、スルーと動いてしまう。

今は、生徒さんたちには、滑り止めの突起付けることと、
滑りにくい艶消しの釉薬で仕上げるようにしています。

私が使うのも、作り直さなければならないのですが、・・・
未だに、滑らせながら使っています。


  


Posted by ch10822 at 08:49Comments(0)趣味/陶芸

2010年08月19日

虎の置物



ちょっと、時期的にはずれていますが、毎年、干支の置物を作り続けている方が3名ほどいます。
巳年から、続けていますので、今年で10年目になりますね。
毎年、それなりに苦労して作っていますが、それなりに、かわいらしく出来上がります。

あと2年で一回りですね。  


Posted by ch10822 at 10:37Comments(1)趣味/陶芸

2010年08月18日

その植木鉢は・・



この素焼きにペイントした植木鉢。教室の窓際に、置いています。
3ヶ月ほど経ちますが、ペイントが剥がれたりすることなく、耐候性も問題ないですね。
焼き物ではありますが、絵の具を使うことで、遙かに、色々な表現が出来ます。




  


Posted by ch10822 at 17:57Comments(0)趣味/陶芸

2010年08月17日

素敵な素焼き鉢



素焼きの鉢に、耐候性のある塗料で、ペイントした植木鉢です。
素敵な鉢に仕上がりましたね!

この植木鉢は、札幌円山の、野口真知子トールペインティング教室
http://www.bekkoame.ne.jp/~marumero/
で、作りました。
5月に、体験教室が行われ、私も含め、ぶぁかぶぉんの生徒さんも6名ほど参加しました。

素焼きの植木鉢自体は、私がロクロで作った鉢を使いました。
色々な、絵付け方法があるのでしょうが、今回は、表面に色々なパターンの凹凸を付け、
絵の具の塗り重ねにより、簡単に、多彩な模様が表せることができました。
素敵だとは思いませんか!

また、そのうちに、体験教室も開かれるのかな?

  


Posted by ch10822 at 16:34Comments(0)趣味/陶芸

2010年08月15日

夏休みの親子体験陶芸



今年は、ホームページ上で、夏休みの親子体験陶芸の募集はしなかったのですが、
大勢の方たちが、来られました。
小学校の始業式が、18日ですので、今日、作品をお渡しすることになっています。
やきものは、成形、素焼き、絵付け、本焼きと、多くの工程を経て焼き上がります。
このため、例年、時間的に間に合わなくて、お断りすることも多いですね。
やはり、ホームページで、きちんと募集した方がよいですね。

写真は、今日、まだ取りに来られてない作品です。皆さん結構、楽しんで自由に、絵付けしていますよ!  


Posted by ch10822 at 14:27Comments(0)趣味/陶芸

2010年08月12日

コロも、10歳になりました。



7月5日で、コロも10歳になりました。
少しは、年をとってきた感じはありますが、体重も、10.8Kgと、全く変わりません。
病気も全くせずに、長生きしてほしいですね。
家の前の、歩道の植え込みには、今年町内会の女性部の方たちが、花を100本以上植えてくれました。
本当にきれいに咲いています。
  


Posted by ch10822 at 08:11Comments(0)趣味/陶芸

2010年08月11日

陶芸教室の作品紹介



1年ぶりの、投稿です。時が経つのは早いと言いますが、本当に早いですね。
また、陶芸教室の話、生徒の作品、季節の話題等、思いつくままに書きたいと思っています。

写真は、蕗の葉っぱの模様の飾り皿です。
実際の蕗の葉っぱを、粘土板に押しつけて、模様を付けます。
蕗の葉っぱは、瑞々しくないとだめですので、前日、採取し、乾燥しないように保管したものを使いました。
電動たたら機で、粘土の板を作り、葉っぱを乗せから、再度たたら機で延ばします。
葉脈もくっきり出ていますね。
同じように、紅葉も葉等の木の葉、レースの模様も出来ますよ。  


Posted by ch10822 at 16:31Comments(0)趣味/陶芸