さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2012年12月26日

寒いですね!



初雪が、史上初めて根雪になった。
12月の積雪。平年の4倍。
昨日の最低気温。-13.4℃。

今日も、雪かきに疲れ果てています。3回もしましたよ。

犬は、寒さには強い動物ですが、家の中で飼っていると、そうでもないですね。
朝の散歩。外に出て、50メートルほど歩くと、足が冷たくて、片足をあげ、立ち止まってしまいます。

1週間ほど前は、冷たさの余り、立ち上がって情けない鳴き声を出していました。
やはり、暖かい室内から、急に外に出ると、冷たいのでしょう。

この写真は、左の前足をあげ、じっと耐えているところです。
大分、冷たさに馴れてきましたが、やはり、-10℃位になると、しばらくは・・



でも、コロは、雪が大好きです。
新雪ですと、ウサギみたいに、飛び跳ねています。

  


Posted by ch10822 at 14:07Comments(0)趣味/陶芸

2012年12月22日

鉛筆削り



今も雪が降っています。
今日は、1回、軽く雪かきをしました。
夏も、異常気象なのか、暑かったですが、
冬も、異常気象?
初雪が、根雪になったそうです。

昨年から、2台の除雪機を、使い分けて除雪していますが、
去年まで、雪を捨てていた、裏の空き地。
4階建てのアパートの工事が始まり、雪捨て場に苦労しています。

今年は、何回か、トラックを頼み排雪が必要になるかも。
あるいは、融雪槽をフル稼働しますか?

ところで、皆さん、お持ちのもので、一番長く使っているものは・・・
私の場合、30年から40年、ずっと使い続けているものが、いくつかあります。

ステレオの、スピーカーとアンプ。居間の家具。皮のコート。
そして、この鉛筆削りです。
ナショナル製の、鉛筆削り。
単3電池、4本で動きます。本当に長持ちしています。
鉛筆のとんがり具合も、まったく問題なし。
まだまだ大丈夫ですね。


  


Posted by ch10822 at 15:27Comments(0)趣味/陶芸

2012年12月22日

体験陶芸・ブライダル



体験陶芸で、作られた作品を両親に贈られる方は、結構います。
贈り物ですので、出来るだけ綺麗に、実用的な作品になるように、努力しておりますが、
なかなか、難しいですよ。

一般的な、メニュー(作れる作品の種類)を、用意していますが、
それ以外の、作品を作りたいと言う方もいます。

この場合、一番困るのは、簡単に何でも作れると思っている方ですね!
柔らかい粘土で、しかも短時間に、それなりのものを作るわけですから、
そうは簡単にいきません。

この写真の方は、花の栽培農家の方で、両親に、自分たちの作った花を
たくさん飾ってほしいので、大きな花器を作りたいとの希望でした。
あらかじめ、事前に相談がありましたので、

本人達の、希望に沿うべく、色々と準備をして、・・・

本当に、一生懸命作ってくれました。
かなり大きな花器が、作れました。



体験陶芸では、今までで、一番大きな作品になりました。
満足していただけたかは・・・・  


Posted by ch10822 at 10:17Comments(0)趣味/陶芸

2012年12月15日

作品紹介・箸置き



箸置きも、陶芸教室では定番の作品ですね。
小さくとも、なかなか、満足のいくものは出来ませんね。

この作品、本当に手間暇を掛けて作られています。
形は、単純な長方形です。
赤土で作り、白化粧土を塗り、素焼き後に絵付け、透明釉を掛け
還元焼成で焼きます。

淡い窯変も出て、綺麗な作品になりました。
ちょっと写真がぼけているので、もう1枚。



このような形であれば、洗うのも楽ですし、
落としても、壊れませんね。
  


Posted by ch10822 at 11:30Comments(0)趣味/陶芸

2012年12月14日

作品紹介・小分け皿



1枚のお皿。中を3つ位に仕切るお皿は、よく見かけます。

Sさんの作った小分け皿。
6つ、4つ、2つの3種類を、2セット作りました。

スタイロフォームの型がなければ、このようなお皿は作ることができません。
型を一度作ると、他の人も使えますので、
出来るだけ、新しい型のご要望には応じるようにしていますが・・・

遠慮しながら、頼んでくる人と、
当然のことのように、言ってくる人がおりますが
このときは・・・・
何か、無理矢理、型を作らせられた感じですね。

型が、きちんと出来ているせいか、作品もしっかり出来ました。

しかし、お子さんが皆、独立したご夫婦で、
1枚のお皿ですまそうという、その動機・・・
人生は、楽しいですね!


  


Posted by ch10822 at 18:02Comments(0)趣味/陶芸

2012年12月13日

作品紹介・染め付け



全部で18枚作りました。10cm角ほどのタイルです。
ご自分の仕事部屋の、窓の下に飾るそうです。

自宅の庭の草木を、写真に撮り、それを元に、絵付けをしました。
京呉須の青い色が綺麗に発色しています。



10cm程の小さな作品ですが、絵付けは、2時間半の教室で、3枚が限度です。
何かを写すだけでしたら、もっと早くできるのでしょうが、
自分で、考えながら、描いていきますので、・・

18枚の絵付けに、6週間かかったことになります。

実際に飾ってみると、まだ足りない。

あと8枚は必要!!
今日から、又作り始めました。

楽しそうですよ!!  


Posted by ch10822 at 10:59Comments(0)趣味/陶芸

2012年12月12日

作品紹介・絵唐津



この作品は、いわゆる絵唐津と呼ばれる作品です。
赤土で成形し、弁柄で模様を描き.唐津釉を掛け、還元焼成します。

3,4年前、絵唐津の作品をを作られた生徒さんがいました。
何かの勘違いで、唐津釉の上に、さらに透明釉を掛けてしまいました。

まあ、透明釉だから、そのまま焼きましょう。
・・・
焼き上がった作品。なにか、従来の絵唐津と違う感じ。
偶然のことではありましたが、私としては、非常に好きな感じですね?

透明な釉薬ですので、変わらないように思うのですが、
違った感じになるのですね。

この写真の作品も、透明釉を掛けました。
ちょっと、青味のある焼き上がりになりました。
この写真より、実物は、もっとすばらしい色合いですよ!

本来の絵唐津とは違いますが、良い色合いですね。

ところで、この作品の模様。絵ではなくひらがな(文字)です。
書道をされる方ですので、「ゆ」と「い」?達筆ですね!!

非常に、すばらしい出来でした。  


Posted by ch10822 at 13:59Comments(0)趣味/陶芸

2012年12月12日

作品紹介・ふくろう



先日紹介しました、素焼きの作品のふくろうが、焼き上がりました。

かなりうまく焼けましたね。
かなり深い鞘に入れて焼いたため、籾殻の成分が、上半分に吸着し、艶々になりました。

普通は、これほどの艶は出ません。
もっと、ざらざらした感じに焼けます。

このように焼けることは、期待していませんでした。
期待はずれの、良い結果ですね。

焼き物を焼いていると、
たまに、何故、こんな風に焼けるのだろうか・・・と言うことが、たまにあります。

今回も、そうですね。

ただ、大きな鞘に入れて焼くと言うことは、窯の中のスペースを
多く取ることになりますので、あまり歓迎できませんね。

このように焼けるのは、窯に余裕があるときだけですね。  


Posted by ch10822 at 10:11Comments(0)趣味/陶芸

2012年12月11日

製作風景



猫の模様のある、照明の製作風景です。
猫好きの人へのプレゼント?

どんな模様にするか・・・・
本人はまったく考えてきていません。
教室で作り始めてから、言われても、勝手にして・・としか言えませんね。

・・とは言っても・・

今は、インターネットで簡単に、猫のイラストを何万点も見ることができます。
仕方がないので、調べて、20点ほどピックアップ。

これがいい、こっちの方がいい・・・

晴れて、なんとか、無事に作れましたが、出来映えはどうなりますか?

大体、1個目からうまく作くろうというのは、調子が良すぎますね。
2個目こそ、いろいろとアイデアが浮かんでくるものです。

あと二個作るそうですから、今度はしっかり、考えてくるでしょうね!!
  


Posted by ch10822 at 16:16Comments(0)趣味/陶芸

2012年12月06日

コロの取材



柴犬の専門誌「Shi-Ba」の取材がありました。
東京から、わざわざ二人の方が来られました。

3時間ほどかけて、無事に終了しました。

紙面の構成のコンテがあり、それに従って、色々な場面の撮影を行いました。

コロの足の肉球を押し当てて、模様にした小皿作り。
電動ロクロでの撮影。
コロのベット、餌皿の撮影。
外の散歩の撮影・・・・等々

コロは、おやつのビーフの餌に釣られて、なんとか撮影できましたが、
やはり、なかなか、言うことは聞いてくれませんね。

何と、400枚以上の写真を撮ったそうです。

写真は、ボール遊びをしているところですよ。

今は、デジカメですので、撮ってすぐに確認できますし、
枚数を気にしなくても良いので、バシャバシャ撮っていました。

1月29日に、発行されるそうです。
非常に楽しみですね。

コロだけではなく、私もかなり撮られましたので、
何か、心配な部分もありますが、
なるようにしかならないですね。  


Posted by ch10822 at 12:23Comments(0)趣味/陶芸

2012年12月01日

ふくろう



この写真は.ふくろうの置物(花器?)です。
まだ素焼きの段階で、焼き締めで焼きます。

焼き締め・・とは、釉薬を掛けないで、鞘の中に入れ、
炭と、籾殻をを入れ、蒸し焼きにする方法です。
明日、窯出ししますので、どのように焼けますか!

焼き締めで、一番大事なことは、炭です。
良い炭を使わないと、カチッと焼けません。
今、本物の備長炭は、ほとんど手に入りませんし、ものすごく高いですよ。

今、私のところで使っている炭は、
曰くのある経緯で入手した炭で、すすきのの焼き鳥屋さんで
備長炭の代わりに、使っているものです。
火力がものすごく高く、燃えかすも、真っ白いさらさらした粉が少し残るだけです。

ホームセンターで、一般的に売られている炭では、
燃えかすが、作品にこびり付いたり、火力に低く、焼き締まり具合が、あまくなります。

まあ、結構苦労しているのですが、
教室の生徒さんにとっては、どうでも良いことかも??

ところで。コロの取材が、近づいてきました。
来週の水曜日。
すこし、めかしてやらないとダメですね!!
  


Posted by ch10822 at 11:03Comments(1)趣味/陶芸