さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2017年05月21日

今月の作品紹介

白化粧の作品です。還元焼成しています。
最近は、還元焼成する回数が減ってきていますね。

電気窯での還元焼成は、窯の内部の雰囲気を一酸化炭素雰囲気にして、焼成します。
具体的には、950℃くらいから、窯の下部からプロパンガスの炎を吹き込み、窯の内部を還元雰囲気にします。

さて、還元雰囲気になると、どうなるのでしょうか?
簡単に言うと、粘土や釉薬に含まれる酸化金属から酸素を奪い取りますので、粘土や釉薬の色調が変わります。また、粘土自体をより緻密なものに変えます。
白化粧の場合、ほのかに赤い斑点ができたりします。非常に日本的な趣の作品になります!

ただし、この還元焼成。陶芸教室にとっては、色々と大変です!!
一つは、作品をびっしり詰め込めないことです。
このプルパンガスによる還元雰囲気を、窯の内部に均等に行き渡らせるために、
作品の周り、上部にある程度の隙間を空けてやらなければなりません。
作品数は、酸化焼成に比べ、2~3割減ですね。

もう一つは、一酸化炭素中毒の危険性ですね。気がついたときには手遅れ・・・・。
窯から吹き出してくると、空気に触れ燃えて、二酸化炭素になるはずですが、なかなか全てがそうなるとは限りません。
このため、換気が必要です。冬などは、ほんとに寒いです。
それと、プロパンガス。使用するガスの量は、たいしたことありませんが、定期的に容器検査が必要ですし、安全なハンドリングが要求されます。
また、還元状態は、窯から吹き出てくる炎の状態で判断しますが、それのチェック等で、基本的には、窯についていなくてはなりません。
せっかく、自動制御できるプログラム調整器がついていても・・・・

最近では、陶芸に使用する場合、プロパンガスを売ってもらえないことが、多いそうです。
私の場合でも、高圧ガスの資格を持っているにもかかわらず、しっかりと念書を取られました。

還元焼成は、いろいろと大変なのですよ!!






あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(趣味/陶芸)の記事画像
芝桜
鬼瓦
今月の作品紹介
コロくんは元気ですよ!
桜が満開でした
やっと完成!!
同じカテゴリー(趣味/陶芸)の記事
 芝桜 (2017-05-17 15:39)
 鬼瓦 (2017-05-16 16:53)
 今月の作品紹介 (2017-05-10 10:40)
 コロくんは元気ですよ! (2017-05-09 15:20)
 桜が満開でした (2017-05-07 10:33)
 やっと完成!! (2017-04-30 15:55)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
今月の作品紹介
    コメント(0)