さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2011年04月22日

お皿の模様



新年度の4月は、町内会活動の忙しい時期でもあります。
最近の町内会は、色々と問題を抱えています。

私も、この地に住居と仕事場を設けて、多分一生ここで暮らすことと思いますので、
出来る範囲で・・・と言うことで、役員を引き受けたのですが、
4~5年は、なかなか馴染めませんでしたね。

いわゆる、個別町内会も、連合町内会も、主みたいなご老人方が、多く、
その方達が、過去からの推移に沿って、取り仕切っています。
最近は変わりつつあるのですが、なかなかやりたがらない人が多く
人材難ですね。

食器は、純白が多いですね。
その中に、ワンポイントのアクセントとしての模様は大事です。
このお皿、25cm程の大きさで、型紙を作り、織部釉を吹き付けて
模様を作っています。
まあ、・・・結構ですね!


  


Posted by ch10822 at 16:39Comments(1)趣味/陶芸

2011年04月18日

醤油差し



この作品は、醤油差しですが、作品が小さくて、作るのが結構難しい作品です。
また、形は出来ても、出来上がった作品が、ちゃんと使えるのか・・という問題もあります。

特に問題となるのは、注ぎ口の水切れが良いかどうかです。
スパッと、注ぎ口の液体が途切れないと、汚れてしまいます。
どうだったのですかね?

でもこの作品の注ぎ口、下の方を向いていますね。
これは、賢い作り方です。




  


Posted by ch10822 at 15:06Comments(0)趣味/陶芸

2011年04月16日

ぐい呑み



酒飲みにとって、ぐい呑みは、何度も繰り返し作る作品です。
小さいからといって、なめてかかると、決して良い作品は出来ません。
抹茶碗を作るときは、それなりに構えて作りますが、
ぐい呑みも同じ気持ちで作らなければなりませんね。

このぐい呑み、いわゆる、絵唐津なのですが、
上薬を掛けるとき、唐津釉の上に.透明釉を二重がけにします。
ちょっと、良い感じに焼けます。
ある生徒さんが、間違って二重に掛けた結果なのですが、
それ以降、皆がまねしています。

陶芸は、絶対にしてはいけないことも少しはありますが、
何をやっても、構わないと言うことでもありますね・・・



  


Posted by ch10822 at 16:54Comments(1)趣味/陶芸

2011年04月12日

抜け毛の季節



5日程前から、コロのおしりの横当たりの毛が浮いてきました。
いよいよ、恐怖の抜け毛が始まりますね。
毎日数回、ブラッシングしますが、それでも、大変な量の抜け毛が
至る所にまき散らされます。
当然、粘土に混じることもたまにありますね。

1ヶ月ほど、我慢しなければなりません。

原発事故。レベル7へ
どういうことか、分かりますか?
まだまだ、何が起こるか分からないと言うことです。
今のままではすまないということです。
・・・・・  


Posted by ch10822 at 09:52Comments(1)趣味/陶芸

2011年04月11日

織部の花器



今、地震警報が出ました。津波警報も・・
震度6弱・・

いつまで続くのでしょうか。被災地の方々が、本当にかわいそうです。
今日は、ちょうど大震災から1ヶ月目。
遠く離れた札幌にいても、緊張感を持って、サポートしていかなければなりません。

写真は、織部の花器。白い土で製作していますので、緑色がより鮮やかに発色しています。
表面に、ちょっと曇りが見られるのが分かりますか?
織部の上薬は、本焼きすると、表面に酸化皮膜が出来ます。

普通は、3%塩酸液に、15分から30分ほど浸けて取りますが、
塩酸ですから、取り扱いには十分注意しなければなりません。
でも、見違えるほど、きれいな色になります。  


Posted by ch10822 at 17:46Comments(0)趣味/陶芸

2011年04月10日

タジン鍋



自分で作った食器で、おいしく食べることが出来る。
本当に結構なことですが・・

コストと機能の面で、なかなか、一般的に売っている物と比較が難しい作品もあります。
タジン鍋も、そういった作品ですね。

陶芸教室で、耐火粘土を使いタジン鍋を作ると、コスト的には、3~4倍になります。
機能的にも、強度、重さ、調理の仕方等、きちっと使いこなすには、色々と問題があります。
このように作った作品を使いこなすには、自分なりに、色々な工夫が必要ですよ。

それでも、時間を掛けて、楽しく作った作品で食べれることは、大事なことですね!  


Posted by ch10822 at 08:21Comments(0)趣味/陶芸

2011年04月09日

となりのトトロ



教室の生徒さんで、お孫さん用のお皿に、トトロの絵を描きたいと、本を持ってきました。
それでは・・と、私がサンプルとして描いたお皿です。下絵付けです。



ちょうど、磁器の丸皿と角皿が1枚づつあったので、それを使って描いてみました。
いまいちの出来ではありますが、今も、教室の隅に飾っています。  


Posted by ch10822 at 11:35Comments(0)趣味/陶芸

2011年04月09日

織部



先週から、陶芸教室の玄関廻りのリフォームを行っています。
リフォームというのは、本当に時間がかかりますね。
中途半端に、残す部分と、変える部分が混在するため、手間のかかること・・
皆さんに、お見せするところまでは全然いっていません。

織部・・緑色の代表的な釉薬・・安土桃山時代の古田織部にちなんだ焼き物
基本的には、日本人は好きですね。
近くの、イオンショッピングセンターの中にも、「織部」という名の器のお店があります。

白い土に掛けると、結構鮮やかな緑色になります。
一般的には、ちょっと赤みのかかった土で作った方が、趣のある緑色になります。
写真は、写りが悪かったのですが、実際はもっと素敵なお皿です。
  


Posted by ch10822 at 08:17Comments(0)趣味/陶芸

2011年04月08日

青い壺



昨晩、大きな余震があったのですね。私は、眠っていて全く気がつきませんでしたが
札幌でも、揺れたのでしょうか。

テレビで、観光地の状況を放映していましたが、・・・
根本的に、色々なことを考えなさいと、言われているような気がします。
チェンジ・・・と言うことですか!

さて、この作品。たかさ40cm弱の壺です。
当教室で、一番若い男性の作品です。
まだ、教室に来てから、9ヵ月ほどですが、なかなか、こだわりの強い方で
色々と、挑戦しています。

今回も、ロイヤルブルーで仕上げたいと・・
ロイヤルブルー??
近い色合いで、今教室にあるのは、ルリ釉しかありません。
瑠璃色は、ロイヤルブルーそのもの・・と言いくるめ、焼き上がりました。

まあ、それなりに、本人も満足していましたが?  


Posted by ch10822 at 11:27Comments(0)趣味/陶芸

2011年04月07日

コロの近況



今年7月で、11歳になりますが、本当に元気で、生徒さんにかわいがられています。
雪も溶け、朝の散歩は、だんだん長くなってきました。

今日は、朝5時に家を出ました。まだちょっと暗いですね。
3Km程歩きました。

犬を飼うことのメリットは、朝の散歩にありますね。大変ですが、
一日のスタートとして、最適ですね。


  


Posted by ch10822 at 17:54Comments(0)趣味/陶芸

2011年04月06日

体験陶芸(ブライダル)



本当に、春らしい天気が続いています。
やっと自転車の季節になりました。
私は、自転車に乗れる間は、出来るだけ車には乗らないようにしています。
実は、電動アシスト自転車なのですが・・
それでも、運動にはなりますよ。
昨年は、約800Km乗りました。

さて、体験陶芸での作品。
ブライダルと言うことで、結婚式で両親に送るために作ったマグカップです。
年間、30~50組ほど来られます。
何を作っても良いのですが、それなりの出来映えを考えて、
陶芸教室では、湯吞み、ご飯茶碗、マグカップ、大皿の4つのメニューを用意しています。

圧倒的に、湯吞みが多いのですが、理由は、桐箱を用意しているせいかな?
  


Posted by ch10822 at 17:30Comments(0)趣味/陶芸

2011年04月04日

玄関の置物



高校野球も終わり、来週からプロ野球も始まりますが・・
ゴルフのマスターズも、今週始まりますが・・
何となく、気が乗らないのは私だけでしょうか?

百貨店の売り上げ、自動車の売り上げ、3割減!!以上
観光地も、レジャー業界も・・

陶芸関係でも、被災地に焼き物(食器)を送ろうという運動が始まっています。
何かをしないではいられない気持ちですね。

この作品、かなり大きな置物です。
花器としても使えますし、照明を入れることも出来ます。
当然、そのままでもかまいません。

かなり広い玄関がなければ置けませんよ!  


Posted by ch10822 at 08:20Comments(0)趣味/陶芸

2011年04月03日

小さなお地蔵さん



毎日の、新聞、テレビ。
延々と続く、震災報道。
原発は、まだまだ心配です。

グーグルアースで、震災後の衛星写真を見ることが出来るようになりました。
本当に、すごい津波だったのですね。

高さ7~8cmの、小さなお地蔵さんです。
本当に良くできています。
特に、一度掛けた釉薬を拭き取ることで、味わいが出ましたね。  


Posted by ch10822 at 10:43Comments(0)趣味/陶芸

2011年04月01日

ブックエンド



ちょっと変わった作品ですね。
やきものは、器(食器全般)、花器、置物等が一般的ですが、
まだまだ、色々な物を作ることができます。

このブックエンド。簡単そうで、なかなか難しい面もあります。
製作時と、乾燥に注意しないと、ヒビが入ったり、ゆがんだりしやすい形状です。
2個作って、1個は、案の定割れてしまいました。

でも、このように色々な作品を作るのは楽しいですね。

  


Posted by ch10822 at 17:20Comments(0)趣味/陶芸