さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2012年05月31日

作品紹介・小皿



今度は、教室の生徒さんが作った小皿です。
黒土で成形し、白マット釉を掛けていますが、
撥水剤で、黒い地肌を出しています。

さらりと作られた作品ですが、感じの良い作品です。

今日は、暖かくなりそうですね。

ところで、昨年から、色々と考えていたインターネット。
来月から、NTTからKDDIに替えることにしました。
プロバイダーも替えます.当然、メールアドレスも、替わります。

もう7年以上、ホームページでメールアドレスも公開していましたので、
迷惑メールが多くなり、本当に困っていたこともあります。

もう一つは,NTTに頭に来たためでもあります。
5年以上も、毎月800円ほど、余分に払わされていたことが分かったことです。
自己申告なのでしょうが、頭に来ますね。

また、今は、色々と新しいサービスが出てきており、トータルのコストが
少なくなることも、替えようと思った原因ではあります。

携帯も、4年ほど前からauに替えていましたので、一本化できますし。

しかし、本当はNTTの固定電話もなくしたいくらいなのですが、
こればかりは、なかなか踏み切れませんね。

最近は、携帯だけで仕事されている方も、多くなっているみたいですね。

  


Posted by ch10822 at 11:27Comments(0)趣味/陶芸

2012年05月30日

体験陶芸・小皿



この作品は、日曜日に焼き上がった体験陶芸の作品です。
待ち遠しかったのか、日曜日の窯出しの前に、取りに来ました。

体験陶芸でも、時間が許せば、是非絵付けもしてもらいたいと思っていますが、
なかなか、皆さん忙しく、絵付けをする方は少ないです。

絵付けは、素焼き後に、再度来ていただかなければなりませんので・・

この5枚組の小皿のセット。
本当に簡単な絵柄ですが、絵が、あるのと無いのでは、すごく違います。
本人も、かなり満足していましたよ。

5月も終わりますね。6月からは、リセットして、
新しい取り組みを始めたいと思っています。

体験陶芸の、メニューを増やしたいと思っています。
楽しい体験を目指しますよ!!
  


Posted by ch10822 at 16:31Comments(0)趣味/陶芸

2012年05月29日

作品紹介・そば猪口



5月も終わろうとしているのに、寒い日が続きますね。
日曜日の夕方のコロの散歩。
家の中では、夏模様。半袖のTシャツに、半ズボン姿。
そのまま出かけて、寒くて、縮みあがりましたね。
早々に、引き上げてきました。

今年の道内の農作物の出来が、心配になります。

陶芸教室は、正月の12月、1月。ゴールデンウィークの4月、5月。
そして、お盆の8月が、売り上げが少なくなります。
でも、逆に、体験陶芸は、多くなりますね。

今月は、体験陶芸が多かったですね。
ジューンブライト。ブライダルの体験が本当に多かったです。

昨日は、電動ロクロでの、ブライダル体験陶芸の撮影がありました。
映像製作のO社が、企画しているのですが、
今回で、3回目になります。

映画ゴーストのロクロのシーンをご存じですか?
新郎新婦が、それぞれ器を、4個ほど作った後、
このシーンの撮影を行いました。
作りかけの作品を、つぶしてしまうのがポイントです。

いままでは、どちらかというと、新郎の方が恥ずかしがって、いやがっていますね。
でも、説得され、結局は撮影しています。
まあ、記念にもなりますので・・・
私は.極力、側にいないようにしています。何故かは・・・

この写真は、撮ってはあるのですが、まだ結婚式も終わっていませんので、
お二人の了解がありましたら、
そのうちに・・・

ところで、そば猪口の話は、又の機会に。

  


Posted by ch10822 at 14:50Comments(0)趣味/陶芸

2012年05月27日

作品紹介・ひび化粧



道内のある作家さんが、作られている、ひび化粧。
教室の生徒さんが、どうしても、作ってみたいと、この半年ほど
試行錯誤をしながら、作って来ました。

小さなサンプルの器から始め、作り損ないも、ありましたが、
やっと、安定して作れるようになりましたね。
今回は、6個の器を作りましたが、
ほとんどこの写真と同じように出来上がりました。

継続は力なりと言いますが、良くここまで、出来ました。
私は、材料を買ったり、道具を作ったりはしましたが、
制作には、ほとんどタッチしていませんので、
良く、作り方が分かりません。

製作方法の、レポートを書いてもらわなければ・・と思っています。
  


Posted by ch10822 at 16:45Comments(0)趣味/陶芸

2012年05月26日

作品紹介・象嵌のお皿



象嵌とは、装飾技法の一つで、溝を作り、その溝の中に、
違う色の泥を塗り込み、表面を削って、模様を浮かび上がらせる方法です。

実際の陶芸製作では、色々な方法があります。
溝の作り方も、線彫り、印刻、型押し・・・・
この作品では、スポンジ状の模様のあるシートを、
粘土の板に、めり込ませ、一気に溝の模様を作ります。
タタラ製を使えば、至って簡単に出来ます。

また、この作品は、溝に泥(粘土)出はなく、釉薬で、色を付けています。
厳密に言うと、そんなの象嵌ではない・・・
ごもっともではありますが、
表現できる結果は、あまり違いませんし、荒々しくて、好きですね。

  


Posted by ch10822 at 11:39Comments(0)趣味/陶芸

2012年05月25日

製作風景



教室には、現在、手びねり専用の電動ロクロが3台あります。
床置き型の電動ロクロではなく、卓上型の小型の電動ロクロです。

写真の器も、このロクロで作っています。
電気を入れなければ、普通の手回しロクロとして使えますので、
紐を積んでいきます。
ある程度の大きさになったら、電気を入れ、電動ロクロとして、
形を整えていきます。
最初から電動ロクロで作った物と同等の仕上がりになりますよ。

この卓上型の電動ロクロ。
最初は、生徒さん達から、必要ない、私は使いません等々、散々でしたが、
今となっては、当たり前のように使われております。

なくなったら、文句言われるでしょうね。
それにしても、ちょっと、サービスのしすぎですね。

今日、午前中、天気が良さそうだったので、
京極のふきだし公園に行ってきました。
途中、中山峠の土砂崩壊の現場も見たかったので、
ちょいと足を伸ばして・・・
久しぶりでしたが、本当に綺麗な水とは、これだ!!
と言うくらい綺麗ですね。

羊蹄山も、綺麗でした。心が洗われました。

  


Posted by ch10822 at 13:29Comments(0)趣味/陶芸

2012年05月24日

作品紹介・辰の置物



小さな作品です。
辰の置物です。Kさんが作りました。
微妙な曲がり具合で、出来ていますが、粘土の厚さが最適ですね。

ちょっと薄いと、ゆがんでしまうかも?

やっと、暖かくなりました。
今年の夏は、暑くなりますか?

昨年は、まがままな生徒さんが、多々おりまして、
教室に、エアコンを付けさせられました。

実は、私も、暑さにはめっぽう弱いのですが。

特に、眠るときは・・・必需品です。
夜は、熟睡したいですね!

と言うことで、今日は、エアコンを、いつでも運転できるように
防雪のカバー等を、外し、試運転を行いました。

節電が、叫ばれている今年。
厳しく、運転時間を管理しなければなりませんね。  


Posted by ch10822 at 16:53Comments(0)趣味/陶芸

2012年05月24日

近況!!



ゴールデンウィークから、窯場の灯油窯譲渡するために、
物品の移動、棚の解体、シャッター部の断熱壁の撤去等々・・・

窯場には、12年以上経っているので、いるのかいらないのか分からないような財産が増え続け、
びっしり。しかも、重たいものが多い。

移動する場所も、とりあえず、隣の建物の車庫に・・移動。

やっと、先週の金曜日に、今使っている電気窯5台を、全て外に出し、
灯油窯を、5人がかりで、引っ張り出し、やっとおさらばすることになりました。

ちょっと、寂しい気もしますが、ほっとした気にもなりました。
やれやれ!!

これからが、又、大変な作業があります。

外に出した、電気窯を戻し、電気の配電も行い、現状復帰。
とりあえず、棚とか机も仮に組み立てし、
やっと、昨日から、窯詰めし、今晩、本焼きを出来るところまで、たどり着きました。

これで、何とか、教室の生徒さんにも迷惑を掛けずに済みました。
ほぼ、1ヶ月掛かりました。やれやれ!!

最近、コロの様子が、ちょっとおかしい。
シュレッダーの紙くずを詰めたビニール袋を食い破り、
部屋中、紙くずだらけにして、自分の寝床を作っていました。
また、部屋の中で、たまに、おしっこをするようになりました。
今まではなかったのですが!
季節の変わり目なのかもしれませんが、
あるいは、年をとってきたせいかもしれませんが・・・

何か、最近忙しかったので、ストレスを与えてしまったのかもしれません。
特に、体が悪いわけでもなさそうだし。


  


Posted by ch10822 at 09:06Comments(0)趣味/陶芸

2012年05月23日

絵付けは楽しい!



絵付けをしましょう・・と言うと、私は絵がうまくないから・・と、
敬遠してしまう方は、多いですね。

そういう方には、絵付けではなく、模様を描きましょうと、
無理矢理、描いてもらっています。

何回か繰り返すと、皆さん描くようになりますね。
体験陶芸でも、是非描きたいという方も多いのですが、
絵付けは、素焼き後に再度来てもらわなければならないので、
忙しい方には、ちょっと無理ですね。

絵付けと言っても、色々な方法があります。
よく言うのは、下絵と上絵ですが、
基本的には、そうなのですが、実際は、絵の具の種類などにより、
簡便な方法もあります。

やきものは、単色でも、全く構いませんが、
ワンポイントでも、色なり、模様があると、随分変わりますよ!  


Posted by ch10822 at 17:33Comments(0)趣味/陶芸

2012年05月23日

作品紹介・楕円皿



鉄釉の楕円皿です。別名:舟形皿とも言います。
Tさんが作りました。

この楕円形のお皿。
作る人により、驚くほど違った雰囲気のお皿になります。
作り方によるところが大きいですが・・・

同じ型を使って作りますが、
全体の厚さ、口縁の厚さ、丸め方、底の補強の有無・・・・

特に、本焼き時(1240℃)には、やきものはかなり柔らかくなり、
重力により、変形しようとします。
つまり、一般的には作ったときより、浅くなります。
この変形具合を、あらかじめ予測して、作るのが大事であり、
非常に、難しいところです。

特に、陶芸教室では、窯にランダムに製品を詰めて焼きます。
15KW位の電気窯でも、窯の内部の温度のばらつきは、10~20℃位ありますから。

  


Posted by ch10822 at 09:04Comments(0)趣味/陶芸

2012年05月22日

作品紹介・マリの泥染め



アフリカの中西部にマリ・・共和国?があります。
今は、内戦状態で、危険な状況ですが・・・

このマリの伝統工芸である泥染めの布の模様を
陶器の大皿に、映した作品です。
Mさんが作りました。今も作っていますので、10点近く作ったのでは?

写真の作品は、下絵付けを行い、本焼きが終わったものですが、
この後、上絵付けにより、白、茶等の色を付けて、再度本焼きします。

普通の上絵は、800℃位で、焼き付けますが、
当教室では、H社のSC釉を使い、本焼きの温度で焼きます。
この方が、いつでも、上絵付けが出来ますので、便利ですね!!

  


Posted by ch10822 at 16:40Comments(0)趣味/陶芸

2012年05月22日

鴨のつがい



中の川沿いの八重桜、開花から2週間以上過ぎましたが、まだ健在です。
ちょっと、花びらは散っておりますが・・・

この写真、今朝のコロの散歩の時(朝5時頃)にとりました。
街中の住宅街の中を流れる中の川ですが、
川の奥の方に、ちらっと写っているのが・・・



やっと、つがいを写真に撮ることが出来ました。
川の中に、くちばしを入れ、何かを食べています。

側に近づいても、逃げませんよ!
かなり、人になれていますね。
しばし、見とれていました。
コロも、おとなしくしていました。  


Posted by ch10822 at 09:26Comments(0)趣味/陶芸

2012年05月21日

部分日食



ぼけた写真で済みません。
7時15分頃の写真です。

今、ベランダに寝椅子を置き、見ています。
下の写真のような、溶接用のお面をかぶって、見ています。
このお面、電気窯の、ヒーター線の溶接のために、持っていました。
埃だらけになっていたのを、引っ張り出してきましたが、
日食観測に、ぴったし!!

頭にかぶれますので、両手がフリーになり、楽な状態でみれますよ!

何か、眠くなってきましたね。

  


Posted by ch10822 at 07:25Comments(0)趣味/陶芸

2012年05月20日

焼酎カップ



焼酎を飲むためのカップです。
生徒さんに電動ロクロの指導しながら、私がちょこっと作りました。

ちょっと、小さめのカップです。
ロクロ目を入れた、カップで、内容積;200ml
氷の塊を、びっしり入れ、焼酎をぐっと注ぐ。
一呼吸置いて、ぐいっと呑む。
良いお酒は、これに限りますね。

私の使っている焼酎カップは、3種類あります。
内容積が、200ml、250ml、300ml
最近は、一番小さい、200ばかりです。
健康のために、適度の飲酒に努めましょう。

ところで、最近は、ロクロをする機会が少なくなりましたね。
生徒さんが、ロクロをしても、ほったらかしですので・・・
たまに、・・・・・を見かねて、厳しいちゃちゃは、入れますけれど!!
  


Posted by ch10822 at 10:01Comments(0)趣味/陶芸

2012年05月19日

三州鬼瓦



厄除け、招福などの願いを込めて屋根に置かれる鬼瓦。
当然、我が家には、そのような屋根もありませんので、
インテリアとして作られた、鬼瓦を買いました。

工芸ギャラリー「愛海詩」で、6年ほど前に
http://www.emishi-s.com/

この5年ほどは、工作室のベランダの手すりの上に、鎮座し
歩道を行き交う人々を、見つめています。

近くの保育園の園児さん達が通るときは、皆さん見ていますよ!  


Posted by ch10822 at 10:53Comments(0)趣味/陶芸

2012年05月18日

稚内に行きます。



この工房を建てたときに、同時に購入した灯油窯。
10年経ちましたが、素焼きと本焼きで、約160回しか焚いていません。

非常に大事に使ってきましたので、見てのとおり、外観、内部とも、ベストの状態。
本体、煙突、温度計2本、棚板等々、全て含めると、トホホ・・となるくらいの費用が掛かっていますが・・・、

この窯を、今日、稚内に運び出しました。
稚内の、Yさんの会社に、実質、無料で、譲渡しました。
煙突、温度計、センサー2本、棚板等々、全て差し上げました。

色々と考えた末の結論です。
理由は、3点ほどありますが・・・・。

Yさんが、大事に使ってくれると言うことで、決めました。



重さ約3トン。5人がかりで、下にコロをかませ、ゆっくりと引っ張り出しました。
クレーンで、車上に無事、乗せることが出来ました。

若干の寂しさはありますが、決めたこと、割り切るしかありませんね。



  


Posted by ch10822 at 18:13Comments(0)趣味/陶芸

2012年05月17日

鴨発見!



やっと、八重桜の咲いている中の川の鴨の撮影に成功しました。
今日は、雄しか見えませんでした。いつもは、側にメスもいるのですが、
草の中に隠れているのかもしれません。

雄は綺麗な毛ですね。
雌は、かなり地味な茶色のまだら模様ですが・・

どうも、この鴨、ねぐらは、ちょっと離れたところみたいですが、
そのうちに、小ガモを連れてきますよ。

  


Posted by ch10822 at 18:30Comments(0)趣味/陶芸

2012年05月17日

やっと、満開です。



家の側の、中の川沿いの八重桜、3分咲きから、
1週間もかかり、やっと満開になりました。
まだ、若干蕾も残っていますが!!
寒い日が続きましたので、なかなか満開になりませんでしたね。

この八重桜の下を流れる、中の川、
今、鴨のつがいが一組います。4,5年前から、毎年来ています。
雄は、本当に綺麗な緑色の羽をしていますよ。
なかなか、写真を撮れないのですが、近いうちに紹介しましょう。

今日は、天気が良さそうですね。気分爽快。

明日、長年使ってきた、灯油窯が、稚内に旅発ちます。



寂しいですね。この件については、次回に!!  


Posted by ch10822 at 09:05Comments(0)趣味/陶芸

2012年05月16日

作品紹介・すり鉢



直径6cm程のすり鉢が、2個繋がった作品です。

昨年暮れに、初めての女の子が生まれたHさんが作りました。
そのお子さん用の、離乳食を作るための器だそうです。

具体的に、何を作られるのかは分かりませんが、楽しいですね。
すぐに、小さくなってしまうでしょうが、記念にもなりますね。

今まで、教室の生徒さんで、お子さんが生まれた方は、7名ほどおりますが、
生まれた後も、教室に通われているのは、Hさんが初めてですね。
小さなお子さんがいて、陶芸教室に通われるのは、難しいですよね。  


Posted by ch10822 at 10:05Comments(0)趣味/陶芸

2012年05月15日

作品紹介・くろすけ



となりのトトロのくろすけを、絵付けした、小さな蓋付きの器です。

急須に代表される、いわゆる蓋ものと呼ばれている作品。
砂糖入れ、醤油入れ、小物入れ・・・・骨壺もそうですね。
たくさんあります。

難しそうだと、敬遠してしまう人もいますが、
作り方さえ、守れば、結構、簡単に作れますよ。

普通、蓋ものの本焼きは、蓋をセットした状態で焼きます。
これは、別々に焼くと、がたつくことがあるからです。

やきものは、本焼きでの、1250℃くらいになると、かなり柔らかくなります。
このため、セットして焼いた方が、がたつきが無く焼けるからです。

くろすけの器は、別々に焼きました。
蓋と本体が、癒着してしまいそうでしたので、別々に焼くことにしました。
小さな器ですので、きちんとおさまりました。   


Posted by ch10822 at 14:25Comments(0)趣味/陶芸