さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2017年04月17日

今月の作品紹介・その4

今月、生徒さんが作られた作品紹介・その4

和紙染めと絵付けの組み合わせ。
青い呉須(コバルト顔料)を、いろいろな形に切った和紙に染みこませ、模様を作ることを和紙染めと言います。
昔は、還元焼成しなければ発色しなかったのですが、最近の呉須は酸化焼成でも、きれいに青色に発色します。

和紙染めは、比較的簡単に、広い面積に色を付けることができます。



いわゆる、染付ですね。染付は私がずっとやってきた手法で、生徒さんにもどんどん勧めています。
陶芸教室では、あまり細かいことを言いません。
細い線書きは、均一に、塗りつぶし(ダミ・・と言います)は、ムラがないように・・・とかは一切言いません。
ちょっとくらい、乱れていてもまったく問題ありません。かえって、味が出てきます。



定番の織部。もう一人の生徒さんが作りました。
織部は、焼き上がると、表面に酸化皮膜ができ、ちょっと曇ったようになります。
普通は、弱塩酸に浸け、表面の皮膜を取り除きますが、当教室では、バフ研磨で行っています。
簡単に、きれいに行えます。
生徒さんたちは、なぜかこの皮膜をとることにこだわりますね。
あえて、この皮膜をとらなくても、使っているうちに取れてしまうので、そのままでも良いと思うのですが?




同じカテゴリー(趣味/陶芸)の記事画像
忙しい時は、さらに忙しくなる
今月の作品紹介
今月の作品紹介
今月の作品紹介
絵付け
抜け毛の季節
同じカテゴリー(趣味/陶芸)の記事
 忙しい時は、さらに忙しくなる (2017-04-28 10:13)
 今月の作品紹介 (2017-04-16 12:09)
 今月の作品紹介 (2017-04-15 17:12)
 今月の作品紹介 (2017-04-12 10:42)
 絵付け (2017-04-11 10:15)
 抜け毛の季節 (2017-04-04 11:57)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
今月の作品紹介・その4
    コメント(0)