さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2007年02月17日

白化粧をした器



白化粧をした器

赤土で成形し、生乾きの時に白い泥を塗り、白く仕上げる方法を、白化粧とか、粉引きとも言います。日本の陶芸作家の中にも非常に多くの方が行っています。白化粧の方法も、どぶ付けにする方法、刷毛塗りする刷毛目等、色々あります。この作品は,Kさんが作られました。手び練りで、成形し、1週間後、高台を削り、生乾きの状態で、刷毛で白い化粧土を塗ります。素焼き後、石灰透明釉を掛け本焼きします。当教室の白化粧土は、カオリンベースの化粧土ですので、還元で焼きますと、写真のように、淡いピンク色の窯変が現れます。よーく見てくださいね。見えますか?
この窯変、必ず現れるわけではないので、余り期待していると裏切られることもあります。窯の中のどの場所に置くかでも、微妙に変わってきます。全く出ないこともあります。難しいですね。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(趣味/陶芸)の記事画像
今月の作品紹介
芝桜
鬼瓦
今月の作品紹介
コロくんは元気ですよ!
桜が満開でした
同じカテゴリー(趣味/陶芸)の記事
 今月の作品紹介 (2017-05-21 10:07)
 芝桜 (2017-05-17 15:39)
 鬼瓦 (2017-05-16 16:53)
 今月の作品紹介 (2017-05-10 10:40)
 コロくんは元気ですよ! (2017-05-09 15:20)
 桜が満開でした (2017-05-07 10:33)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
白化粧をした器
    コメント(0)